ABOUT HERBS & TEAS ​

Herbal self-care 植物(ハーブ)によるセルフケア

私たちのからだには、もともと自ら治そうとする自然治癒力が備わっています。その力を高めることで、こころやからだの不調を癒す方法を自然療法といいますが、中でもハーブティは、最も身近で気軽な、植物を使った自然療法のひとつといえます。

自然療法と聞くと、何か特別な知識が必要だったり、なんだか難しい印象がありますが、実は、私たちは、はるか昔から、植物が持つ癒しの力を気軽に暮らしに取り入れ、自然療法を実践してきました。家のまわりの野山に咲く草花を摘み取り、お茶として飲んだり、アルコール漬けにしてエキスを抽出したり、塗り薬として利用したり・・・。

 

昔の人々が普段のセルフケアに植物を取り入れたように、まずは、気軽に自分の気になる症状や好みの味わいに合わせてハーブティを選び、一日一杯、飲んでみることをおすすめします。ハーブティが持つ香り、色、味わい、温度などをゆっくりと感じながら味わうことで、日々の慌ただしい生活から忘れかけていた、自分の内側の感覚を再び感じることができるようになるでしょう。それは、自分自身のこころとからだの声を聞くことにつながります。ハーブティを通して、日々の体調を観察し、自分の今の状態に気付くことができれば、それはすでにセルフケアの始まりです。気付きとともに、からだの中の自然治癒力は動き出しています。

それからは簡単です。自分の中の心地よさという感覚をアンテナに、ハーブティを選んでください。頭ではなく、なんとなく・・・といった直感や感覚を大切に。植物が持つ姿かたち、香りや色、味わいなど、自分にとって心地よいものが今の自分に最適なハーブティです。

​Ingredients 原料について

ハーブティの原料には、日本国内や世界中から集められた無農薬、無化学肥料栽培のハーブを、ひとつひとつテイスティングし、香り、味、品質、そして、目に触れた時の美しさを大切に選んでいます。また、より野生に近い環境で育った、生命力あふれるワイルドクラフト(自然栽培)ハーブや天然の自生ハーブを積極的に採用しています。自然がもたらす過酷な環境を生き抜いてきた植物には、紫外線や乾燥、害虫などダメージから身を守り、自らを回復させる力がより備わっていると考えるからです。

​香料は天然由来のものも含めて使用しておりません。

Original Blends オリジナルブレンドブレンド

somaのハーブティは、ハーブに含まれる香りや味、有効成分を体内に取り入れて、日々のセルフケアに役立てられるよう、JAMHA認定ハーバルセラピストが安全性を確認の上、ブレンドしています。配合は、メディカルハーブ(*1)の観点に、アーユルヴェーダ(*2)の要素を取り入れながら決められ、ひとつひとつ手作業でていねいにブレンドされます。

​*1自然療法のひとつで、ハーブが持つ有効成分を利用して、健康管理や病気の予防、美容に役立てようとする分野。

*2インドに5000年以上も前から伝わり、今も教え継がれている伝統医学、生命の知識。

また、ハーブティは毎日飲むことで、植物の力を感じることができます。日々、手にとっていただけるよう、さまざまなハーブが織りなす世界の美しさと味のバランスも大切にしています。

​すべての工程が手作業のため、商品によって多少のばらつきがありますが、ご了承ください。

Conservation ハーブティの保存方法

▪ 直射日光、高温多湿をさけ、冷暗所に保存してください。

▪ 未開封ですぐに飲まない場合、そのまま冷蔵庫(または冷凍庫)で保存してください。ただし、冷蔵庫から出した茶葉は、常温にもどしてから開封し、使用してください。いきなり開封すると温度差で茶葉の劣化につながります。

▪開封後は、密閉性のあるビンなどにパッケージごと入れ、乾燥剤を入れて冷暗所に保存してください。高温多湿になる梅雨~夏場は冷蔵庫(または冷凍庫)での保存をおすすめします。

▪ オーガニックや無農薬栽培、天然の自生ハーブには、虫や卵がつきやすく、特に5月~10月の高温多湿の時期には、ポプリ虫が発生する場合があります。ポプリ虫は人体に悪影響を及ぼすことはありませんが、発生を防ぐため冷蔵庫での保存をおすすめします。また、自然な方法で栽培、収穫、乾燥されているため 稀に他の植物や小石、虫など異物が混入されている可能性があります。原料到着、ブレンドの際の2段階で選別しておりますが、混入していた場合は、取り除いてからご使用ください。

開封前で、上記の保存方法を行った場合、約1年間は賞味期限としてお飲みいただけます。しかし、メディカルハーブは、時間とともに香りと薬効成分が次第に薄くなりますので、購入後なるべく1~2ヶ月以内にお飲みいただくことをおすすめします

 

​Attention! ご使用上の注意 *ご購入の前に必ずお読みください。

▪ ハーブは、ヨーロッパでは医薬品として認めている国もありますが、日本では認められておりません。

健康の維持・増進を目的としてご使用ください。

▪ ハーブは食品ですが、万が一、具合が悪くなった場合は、直ちに使用をやめ、医師にご相談ください。

​▪ 一日にティーカップ2~3杯程度までの飲用をおすすめします。

▪ キク科など植物アレルギーのある方は、飲用をお控えください。

▪ 妊娠中や授乳中、また、持病のある方は、医師にご相談の上、ご使用ください。

​▪ 妊娠中の方は、「Hello,mama!!」シリーズよりお選びください。

ハーブティの日常への取り入れ方について

ハーブティも食事と同じく、いろいろなものをバランスよく取り入れることが大切です。数か月以上に渡り、毎日同じお茶を飲み続けたり、毎日大量に一種類のハーブを飲むことは、「体が慣れてしまうから」という理由のほかに、体の負担にもなりますので、お控えください。そのため、somaでは、基本的にブレンドされたもの、2~3種類を交互に飲むことをおすすめしています。

ただし、花粉症や生理痛予防など体質改善を目的とする場合は、毎日お飲みいただいても構いません。症状が落ち着いて「もう大丈夫」と感じたら止めてください。

ハーブティのお子様の飲用について

1歳未満の乳幼児への使用はお控えください。

1歳以上の体がまだ発育段階のお子様については、茶葉の使用量を大人の1/2~2/3量にするか、または、水やお湯などで薄めるなどしてご使用ください。

© 2017 soma, all rights reserved